ネガ-ネガ

電子工作・プログラミング・読書・雑記

零戦-その誕生と栄光の記録-を読んだ

2年ほど前に一度通読しているが、もう一度読んだ。ちょうど終戦も近いし,2年たって読み方が変わったか観察してみたくなった。

ちょっと成長した

読んでみると以前よりも技術的な内容がわかるようになり、零戦のすごさ云々が撃墜数だけでなく航空力学的側面からも理解できるようになったと思う。 ここ数ヶ月は航空力学に興味を持って新書とかを読んだおかげかな…?
航空力学に興味があるなら、下の本がすごいおすすめです。

紙ヒコーキで知る飛行の原理―身近に学ぶ航空力学 (ブルーバックス)

紙ヒコーキで知る飛行の原理―身近に学ぶ航空力学 (ブルーバックス)

これ読んでるのとそうでないとでは、飛行機の見方が全然違います。

仕事への取り組み方に目がいく

2年前に読んだ時は、零戦の歴史的な価値を知りたくて読んでいた記憶がある。 今回読んでいると堀越技師が航空機設計をどのように行ったかに目がいった。

本文中、堀越技師も航空機設計に対して"辛い"感情多少を持っていて、でもその辛さを乗り越えて航空機完成させることに喜びを感じているとの一文があり、これは僕がここ数年で出会った人や僕自身の経験から感じた物事への取り組みの姿勢と一致していた。

やっぱり合理的は大切

零戦は紙装甲なんて言われるけど、それは当時の日本と他国との技術力の差、特にエンジンの貧弱さというアドバンテージを持ちつつ格闘性や航続性を優先したのだから、装甲はその上で切り落とすしかなかった。

 注目したいのは、堀越技師が日本の状況と搭乗員の性質(当時、被弾はパイロットの技能をもってして回避する風潮が強かった)などから、不要なものとそうでないものを判断していた。つまり要求された性能全部を詰め込もうとはせず、きちんと優先順位をつけて設計をおこなっていた。また本書には堀越技師が日本の状況を技術面でも資源面でもよく理解していることが分かる文面が何度も出てきた。

ちょっと飛躍するけど,本書を読んで改めて

  • 理想と現実区別(現状を把握)すること
  • ものごとに優先順位をつけること

は仕事やものづくりに欠かせない要素だと思った。